年間で数万円も違うの?!携帯電話料の節約方法まとめ

携帯電話料金を節約する方法・1

格安SIMを利用する

大手キャリアの通信サービスを利用すると、1万円を超える場合もあるなど月額利用料が高額です。

しかし、MVNOの格安SIMに乗り換えることで月額利用料を2000円台に抑えることも可能なので、年間の携帯電話料金を比較すると5〜10万円も安く抑えることが出来ます。

IP電話アプリを利用する

IP電話アプリとは、インターネットのパケット通信プロトコルを使用して割安な価格で電話サービスを提供するアプリのことです。電話回線と較べて通話品質が劣るなどの欠点がありますが、「LINE Out」や「Skype out」などの通話アプリでIP電話を利用することで一般的なスマホの通話より割安な料金で通話が行えます。

無料通話アプリを利用する

「LINE」「Skype」「Viber」などの様々な無料通話アプリを利用することで、同じアプリを利用する人間同士が無料で通話することが出来ます。

そのため携帯電話で頻繁に連絡し合うような親しい人々と通話する場合に、無料通話アプリを使うことで携帯電話料金を大幅に節約出来ます。

携帯電話料金を節約する方法・2

家族割や学割などを利用する

家族で同じ携帯電話会社と契約している場合、家族割サービスを利用すると家族同士の通話が無料になります。

各社で家族の指定範囲が異なりますが、家族での通話時間が多い方が利用すると携帯電話料金を大幅に節約出来ます。また、学生の場合は学割サービスを利用することで基本料金やメール代の割引を受けられます。

ハンディのある方は障がい者割引を利用する

大手キャリアと契約している場合に「障がい者手帳」「療育手帳」「精神障がい者保健福祉手帳」「特定疾患医療受給者証」「特定疾患登録者証」「特定医療費(指定難病)受給者手帳」などを交付されている方は、申し込む事により大手キャリアが用意している割引制度を受けられます。

格安SIMに契約すると、毎月の料金と端末代金を節約できます

格安SIMに契約を変更をする

ドコモ、au、ソフトバンクの通信会社と契約して携帯電話の料金を支払っていると、不要なサポートサービスを外すなどしなくても節約するのは難しいです。

そこで、格安SIMへの契約変更をすることで、毎月の携帯電話の料金を大きく節約できます。

ドコモを契約している場合

独身者でドコモの携帯電話を契約している例に出しますと、5分間のカケホーダイライトプランで1,700円、2ギガのデータパックで3,500円、SPモードで300円の合計5,500円プラス消費税の支払いが、代表的な節約できるプランだと言えます。

最低でも6,000円程度は必要になることや、通信量が増えるとさらに多くの料金が必要になります。

格安SIMを契約する場合

OCNを契約した場合を例に出しますと、月に3ギガ使える通信量のコースで1,800円、5分間の通話かけ放題がついたオプションが850円で、合計2,650円プラス消費税の支払いで、3,000円を切る支払いで利用できます。

両者を比較するとほとんど同じ契約内容ですが、格安SIMを利用すると半額で利用できるので大きく節約できます。

契約をするには端末が必要なのですが、ドコモからドコモ系の格安SIMの会社に契約を変更するのなら、それまで使っていた端末が使えますので新たに料金を支払う必要はありません。

また、多くの格安SIMの会社では、ドコモ、au、ソフトバンクで販売されている端末代金よりも低価格で販売をしていますので、端末の買い替え代金も節約できます。

電話料金節約の基本は、通話とネット利用の見直し

毎月携帯電話料金が高い! 節約する方法はないのか?

私たちの日常生活に欠かすことのできない携帯電話。何かとプランの変更を繰り返しながら、電話料金を節約しようと努力している人たちも多いはずです。

しかし、なかなか思うようにも行きませんよね。そこで、「通話」と「インターネット通信」に関して今一度見直してみましょう。

節約方法その1 無料通話アプリを利用する

いろんなアプリケーションがリリースされている昨今。無料通話アプリを利用してみるという方法があります。代表的なところではLINEや skype です。

今ではすっかりおなじみとなっているアプリケーションですが、 意外と使っていない人も多いのが実情。 ダウンロードしておいて損のないアプリですので、一度使ってみると良いでしょう。 そうすればは、料金のプランを改めて見直すことができます。

節約方法その2 無料 wi-fi を利用する

スマートフォンで頻繁にインターネットをするユーザーは、無料 wi-fi を利用するのがおすすめです。 wi-fi を利用したインターネット通信は、 通信料がカウントされないというメリットがあります。

電話料金と同じぐらい 割合を占めているのは通信料金ですから、無料 wi-fi を利用することで、 通信プランをより安く変更することができます。

格安SIMを使う

格安SIMを利用することで、今話題の格安スマホの完成です。 従来の携帯電話から格安スマホに変更させるだけで、電話料金が半額になることも珍しくありません。

その上で wi-fiや無料通信アプリを利用すれば、さらに賢く節約させることが可能です。

IP電話と普通の番号の違いは?通話SIMの節約ポイント

IP電話はインターネット回線を利用した電話

格安SIMを契約する際に、通話かデータ通信専用にするかは大きなポイントになっています。通話SIMでもさらに細分化され、一般的にIP電話機能付きの方が料金が安くなっています。

IP電話はインターネット回線を利用した電話で、050の番号から始まるのが特徴です。一般的な携帯のスマホなどよりも通話料金が安いことが多く、電話回線を使う訳ではないため費用も抑えられるのです。

050番号同士の通話であればさらに割引価格で利用できることがあるなど、メリットが多いのも特徴です。一方で、弱点もあります。これは一般的な電話とは異なるため、110番通報などの特殊番号や、0120から始まるフリーダイヤルに繋がらないことがあるのです。

警察や消防に連絡が必要な場合は、他の人の携帯からかけてもらうことや、予め管轄する警察署などの番号を登録しておく必要があるのです。また、050番号が標準の格安SIMの場合、一般的な電話番号を追加するのに追加料金がかかってしまうこともあります。

山村部などの電波が弱い地域では音声品質も低下しがちなどのデメリットもあります。ただし、都心部の利用であればそれほど気になることは珍しくなります。通常の090から始まる番号で契約する場合は、ナンバーポータビリティなどで今利用している携帯やスマホの番号をうつすことも可能になります。

標準で通話SIMに番号がつく場合もあるため、契約するMVNOごとに比較してみるのもおすすめです。

大手キャリアでの乗り換えが安くなくなるかも?それはどうして?

大手キャリアなら2年間の乗り換えが安くなったけど…

大手キャリアの乗り換え割引が減っていく理由

大手キャリアの高い基本料金は手厚いサービスだけでなく過剰ともいえる割引サービスも理由でした。

特に乗り換えてきた人に対する待遇がすごいもので、月々の使用料を乗り換えだけで安くする、スマホ代を実質0円にしてしまう、さらには数万円のキャッシュバックとなぜか既存利用者より新規利用者にやさしい傾向がありました。

これは、解約料が発生する2年を過ぎればある程度の人が乗り換えることを前提としたサービスでした。

しかし、このようなサービスが実質的な商売としての妥当性が疑われることや消費者を惑わすこと等を理由に過剰な割引サービスをやめるよう、総務省より通達がありました。

これは「過剰なキャンペーンをするくらいなら基本使用料を安くしてほしい」という意図からです。よって大手キャリアの値段はこれから少しは安くなり、その分割引が減る流れになるでしょう。

それなら格安SIMに乗り換えた方が安くなる

つまり、「割引サービスなどを考えれば結局大手キャリア間の乗り換えがお得」という事態が変わろうとしているわけです。それなら、解約期間に入ったら格安SIMへ乗り換えた方がお得であると考えられます。

確かに格安SIMは店舗がないことで問い合わせが不便だったり、割引サービスが無かったりという面はありますが基本料金が圧倒的に安いため、長い目で見れば大きく得をします。

携帯電話料金が高くて困っている人必見!楽天でんわで節約! 

「楽天でんわ」で携帯電話料金を節約!

ついやってしまう長電話によって、携帯電話の通話料金が高くて困っている人も多いのではないでしょうか。

そんな少しでも通話料金を安くしたいと思っている人には、「楽天でんわ」を使用するという方法があります。では、「楽天でんわ」を使用するとなぜ通話料金の節約になるのでしょうか。

一般的な通話料金の半額!

「楽天でんわ」は、楽天の通話料節約サービスです。HPで利用登録を行ってアプリをダウンロードした後、アプリから電話するだけで通話料が半額の10円/30秒(税別)になるのです。

しかし、もし、現在使用している携帯電話の通話料金が10円/30秒(税別)よりも安い場合については、使う必要はありません。また、「楽天でんわ」で通話する際に使うアプリは、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

相手がアプリを入れていなくても通話が可能!

「楽天でんわ」から電話する場合、相手の電話番号を問いません。例えば、相手が固定電話であっても、携帯電話であっても、050で始まる番号であっても同じです。

「楽天でんわ」のアプリを使って電話した場合、自動的に電話番号の頭に「0037-68-」を付けてダイヤルされますが、電話を掛けている相手には「0037-68-」が通知されることはありません。

相手にはいつも使っている携帯番号が表示されます。

月額基本料0円!

月々の基本料金は掛かりません。

楽天ポイントが溜まる!

「楽天でんわ」を使用すると、通話料100円につき1楽天スーパーポイントが付きます。ポイントが貯まると楽天でお買いものにも使えます。

格安SIMとキャリアSIMを使い分けて料金節約!

携帯料金を安く抑えるコツ、あります

ドコモなどの大手キャリアでスマホを持つのが一般的な世の中ですが、月々の支払いが高くて悩んでいる方は結構多いと思います。

電話はたくさんかけるけどインターネットはあまりしない、逆にインターネットがメインで電話は全然かけないなど、自分のスマホの利用スタイルを見直してみると支払う料金に見合ってないことのほうが多いかもしれません。

インターネットがメインなら格安SIMがおすすめ

近年では、MVNOと呼ばれる各事業者が格安SIMを販売しています。大手キャリアに比べて料金プランが大幅に安く、サービスに使われる回線はドコモなど大手キャリアのものを使っているためインターネットの品質も保証されています。

基本的にデータ通信専用のSIMと通話可能なSIMが用意されています。データ通信専用SIMは月額料金が1000円以下のものもあり、通話可能なSIMは+数百円程度と驚くべきコストパフォーマンスです。

手持ちのスマホを使えるため新しい端末を用意する必要がないのも嬉しいところ。通話をあまりしない人は格安SIMに乗り換えれば月の支払いが数千円も浮くため非常にお得です。

電話もインターネットも両方するなら二台持ち!

格安SIMの通話料金は高めなので、電話がメインのユーザーなら大手キャリアのほうが良い面もあります。

では、電話もたくさんかけるしインターネットも頻繁にする人はどうすればいいのでしょうか?正解は「通話用の大手キャリア携帯」「インターネット用の格安SIMスマホ」の二台持ちです。

電話料金の安い大手キャリアとデータ通信の安い格安SIMのそれぞれを使い分けることによって月額料金が抑えられます。二台持ちは面倒そうに見えますが、いざ運用してみるとモバイルバッテリー要らずになるためこちらのほうが荷物節約にもなりますよ。

スマホ料金を抑えるならあえて大容量SIMを使うこともおすすめ

大容量プランは広い目で見るとスマホ料金を安くできる

大容量プランはこのくらいお得

最近は通信制限を気にしたくない人や家族での利用のために20GBや30GBのデータ通信ができる大容量プランのSIMも販売されています。

大容量プランのSIMでさえ格安SIMであれ3000〜5000円程度で使えるため、大手キャリアの料金に不満がないという人はあえて料金を下げるのではなくデータプランを引き上げる方法があります。しかも大容量プランは大手キャリアであっても6000〜8000円/月程度とそれなりに安いです。

あえてモバイルルーターとスマホの2台持ち

ただ、大手キャリアの料金が安くできずに格安SIMへ乗り換える人にとっては安く使う方法と言えないかもしれません。そこでおすすめしたいのがモバイルルーターとスマホの2台持ちです。

つまり、大容量プイランのSIMをモバイルルーターに挿しこんでスマホのデータプランを最も安いものにすることです。これならスマホ料金を安くする方法と言えます。

ただモバイルルーターの料金が上乗せされただけでないことはよく考えればわかります。なぜならモバイルルーターのデータ容量は20GB以上なのでスマホとパソコンの両方を接続しても余裕を持って使え、しかも、自宅回線を引く手間もないので外でネットを使いたい人やすぐに引っ越す予定のある人にもお勧めです。

さらに大容量プランであってもデータ専用SIMには解約料が設定されていません。よって広い目で見れば立派なスマホ代節約なのです。

安さだけで選んではいけない、格安SIMの落とし穴

格安SIMはちゃんとつかえてこそお得な選択肢となる。

携帯電話の料金を根本的に安くする方法と言えば、何といっても格安SIMへの乗り換えです。格安SIMとは大手キャリアの回線を借りて運営する会社のことで大手やリアに比べて基本料金が3分の1あたりの相場となっています。

通信品質だって大手キャリアと一緒なのですから何ら問題はないと考えるのも無理はありません。しかし、インターネット通信には「ベストエフォート方式」とよばれる制度があります。これは今できる限りのことをすれば最大速度が出なくても責任を取らないという制度です。

最大速度が出ない理由は、電波の届きづらい場所にいることや回線が混雑していることです。格安SIMの通信速度が遅くなる理由は後者にあります。そもそも、大手キャリアですら回線の混雑は起きていますがそれでも私たちが不快に感じない程度です。

一方大手キャリアの回線を一部使用しているMVNOの場合は巣腰の利用者でも通信が混雑してしまうわけです。格安SIM利用者が増えている現在、利用者の増加と回線の拡大を同時に行っている状況と言えます。

そのため、格安SIMをお得に選ぶためにはその料金や最大速度だけでなく実測値も調べることが大切です。ネットの情報は玉石混交ですが多くを集められる点でお勧めです。

家電量販店でもある程度有益な情報は聞けると思いますが、そのお店によって売りたいSIMはあるはずなのでその点を加味して参考にすると良いでしょう。

このように、携帯電話料金を節約するうえではただ安くするだけでなく「お得に使う」貯めの目を養わなくてはいけません。

携帯電話を安くするなら解約料金を払わないのが鉄則

2台持ちは要注意!怖い解約料を避けるなら

大手キャリアのスマホユーザーを悩ませる解約手数料とは?

他の携帯会社に乗り換えれば安くなる、気になった機種を使ってみたいけど他社に乗り換えないといけない、そんな時に足を踏みとどまらせるのが解約手数料です。

これはスマホだけの問題ではありませんが、所定の期間内に解約すると解約手数料が発生します。大手キャリアの場合は1台に付き9000円かかり、しかも2年ごとに更新されるため解約でいるのは2年経った翌月のみと非常に厳しいです。

月額料金とはそれますが、いくら普段の節約を頑張っても解約手数料と相殺されることも良くあります。2年もせずにスマホが壊れることも良くあるため、泣く泣く解約した人も多いと思います。とくに2台持ちなら安くなるというサービスは要注意で、解約手数料も2倍払うことになります。

格安SIMなら長くて1年使えばOK

それでは、格安SIMの解約手数料はどうなっているかというと、2年しばりの代わりに半年〜1年の最低利用期間が定められています。

これは更新されないため最低利用期間の契約をすればそれ以降はいつ解約しても解約手数料がかかりません。長く使ったユーザーにとって有利な点が大手キャリアとの違いです。

しかも、最低利用期間が定められているのは音声通話SIMだけなのでデータ専用SIMであればたとえ初月に解約したとしても解約手数料を支払う必要がありません。